仏式の葬儀の流れとお焼香の方法について

日本で行われている葬儀の中で最も数が多いのが仏式です。
前日には通夜が行われます。
かつては夜明かしで行われていましたが、現在では長くとも2時間ほどで終了することが多く、正確には半通夜と言います。
通夜ではまず最初にお坊さんによる読経が行われ、遺族、親族、その他の参列者という順番でお焼香が行われます。
葬儀当日にも同じように読経とお焼香が行われ、その他に弔辞などが披露されるのが基本です。
また、続けて告別式が実施されることが多いです。
お焼香には「立礼焼香」「座礼焼香」「回し焼香」の3種類が存在します。
最もポピュラーなのが立礼焼香で、その名の通り立ったままで行います。
真言宗は3回、浄土真宗は1~2回など宗派によって回数が異なります。
仏式の葬儀に参列する時の持ち物としては数珠が挙げられますが、絶対に持って行かなくてはならないというわけではありません。
なお、法具なのでイスの上に置きっぱなしにしたりすることは望ましくありません。

お迎えから散会まで、お葬式の全てをトータルサポート

さいたま市内で葬儀社さんをお探しの方はグランドセレモニーまで

家族のみでの質素なお葬式

葬儀を選任スタッフが対応します

公営の式場・火葬場のない川口市にも対応した葬儀社

menu

更新情報

葬儀を仏式で行う時で通夜の際は、夜6時から7時の間で開始されますが終了時間も約1時間か2時間の半通夜

葬儀を仏式で行う時は、お香と数珠とマナ−があります

誰しも家族が亡くなるのは悲しいと思います。
ですが、すぐに決めなければならないのが葬儀をどのよ

仏式葬儀にかかる費用

以前は、通夜に関しては夜明かしでされていましたが、近頃は18時、もしくは19時くらいからスタートして

仏式葬儀の作法について

大分前までは通夜は夜明かしで行っていましたが、今ですと18時か19時ころから始まり、1~2時間で終わ

仏式葬儀とは何なのか

Copyright© 仏式 葬儀 All Rights Reserved.

仏式の葬儀の流れとお焼香の方法について