仏式 葬儀について

葬儀を仏式で行う時は、お香と数珠とマナ-があります

葬儀を仏式で行う時で通夜の際は、夜6時から7時の間で開始されますが終了時間も約1時間か2時間の半通夜になっています。
僧侶の読経から始まり一般の方と親族関係のお香を行うようになります。
通夜を終了したあとはふるまいの席に招くことになりますが、そのままお帰りになる方もいます。
翌日の告別式は、本当の最後の瞬間なのでたくさんの方に来て頂くようにすることが重要になっていますしお経を読んでいる最中に参列者の方のお香を行うようにしてすべての方が終了してから数分後に告別式が終了してから出棺の準備に入ります。
そして出棺の合図の最中は、コ-トなどは脱いで手持ちで持つようにして最後まで見送るようにします。
数珠の使い方は右手にはめますが、拝む最中は両手の親指と人差し指の間を使うようにします。
お香の回数も3回や2回と宗派によって異なりますが、少し一粒をつまむようにして鼻の位置まで持ちあげてからゆっくりと落とすように心掛けます。

Copyright© 仏式 葬儀 All Rights Reserved.

葬儀を仏式で行う時は、お香と数珠とマナ-があります