仏式 葬儀について

仏式葬儀の作法について

以前は、通夜に関しては夜明かしでされていましたが、近頃は18時、もしくは19時くらいからスタートして、1~2時間くらいで終わらす半通夜がメインです。
通夜では、最初に受け付けをし祭壇がある部屋に行って、先に来ている方々に頭を下げて部屋に入ります。
遺族が参列者と関わっている際は順番でお悔やみを述べていきます。
席が予め決められている場合はその通りにしますが、特に決まっていない場合は来た方から席についていきます。
仏式の通夜ですが、まずは僧侶の読経、次に親族や遺族の焼香、そして一般参列者の順で行います。
葬式というのは、親族や遺族、そして仲の良かった友人が故人の成仏を祈る儀式です。
告別式というのは、故人にゆかりのある方が最後に別れを告げる儀式となります。
近頃ですと、連続して行われることがほとんどなので、一般参列者も葬儀から参列するのが常識となっています。
葬儀では、まずは僧侶の読経、次に祝電や祝辞の披露、そして親族や遺族、仲の良かった友人による焼香、最後に一般参列者による焼香となっています。

Copyright© 仏式 葬儀 All Rights Reserved.

仏式葬儀の作法について