仏式 葬儀について

仏式葬儀とは何なのか

大分前までは通夜は夜明かしで行っていましたが、今ですと18時か19時ころから始まり、1~2時間で終わる半通夜がメジャーとなっています。
通夜においては、受付を最初にしてから祭壇のある部屋に向かって、先に部屋にいる方々に礼をしてから部屋に入ります。
遺族が参列者とコンタクトを取っている場合は、後からお悔やみを述べます。
席が最初から決まっている際はそれに従いますが、特に決められていないようであれば、早い者から順に着席していきます。
仏式の通夜は、まずは僧侶の読経から始まります。
次に親族や遺族の焼香が行われ、それから一般参列者の焼香に入ります。
葬式は、親族や遺族、それから仲が良かった友人などが故人の成仏を祈るといった儀式になります。
告別式は、故人と繋がりのあった方が最後の別れを告げる儀式です。
今では二つを繋げて行うケースが増えてきたので、一般参列者も葬儀から参加するのが主となっています。
葬儀についてですが、まずは僧侶の読経から始まり、次に弔電や弔辞を読み上げます。
それから遺族や友人による焼香を、最後に一般参列者による焼香が行われます。

Copyright© 仏式 葬儀 All Rights Reserved.

仏式葬儀とは何なのか